世界文化遺産 姫路城

 

 



数字で見る姫路城

姫路城歴代の城主

日本の城(天守閣)

 
   

 

 

一、禄 高
池田 輝政         979,700石(播磨52万石、備前29万石、
                       淡路6万石、検地11万石)
本多 忠政、忠刻父子    25万石
松平 忠明         18万石
本多、榊原、松平、酒井   15万石 
 

二、歴 史

1333年   赤松則村が姫山に砦を築いた
1581年   羽柴秀吉が三層の天守を築いた
1609年   池田輝政が現存の天守を築いた
1618年   本多忠政が西の丸を造営した
1912年   一般公開された
1931年   国宝に指定
1964年   解体修理完工
1993年   世界文化遺産に指定
2009年   大天守保存修理工事着工(平成の修理)
2015年   大天守保存修理工事完成
 

三、築城工事

池田輝政の築城(1601年〜1609年)に携わった延人員
                                             約2430万人
昭和の天守閣群解体修理(1956年〜1964年)に携わった延人員
                                                       約20万人
昭和の天守閣群解体修理(1956年〜1964年)の工事費
                                          約5億5000万円
平成の大天守保存修理工事(2009年〜2015年)に携わった職人数
                                          1万5000人以上
平成の大天守保存修理工事(2009年〜2015年)の工事費
                                                       約24億円
 

四、侍 数

池田氏時代  300石以上       約500人
忠政時代(足軽、小者を含めて)   約4,000人
榊原時代              約3,000人
酒井時代              約2,200人 
 

五、大天守の大きさ

大天守の高さ(海抜)    91.9メートル
             (姫山の標高45.6メートル、
              天守台石垣14.8メートル、大天守31.5メートル) 
大天守の重さ        5700トン 
大天守の瓦の枚数     75,450枚 
大天守各階の延面積    2,409平方メートル 
大天守の鯱の数       11基(櫓、門の鯱を含めると 63基) 
大天守の心柱の高さ    24.6メートル
 

六、文化財建造物の棟数

国宝               8棟(大天守、小天守3、渡櫓4)
重要文化財          74棟 (櫓27、門15、塀32)
 

七、曲輪の大きさ

内曲輪(内濠以内)面積          約23ヘクタール
特別史跡(中濠以内)面積        約107ヘクタール
外曲輪(外濠以内)面積         約233ヘクタール
濠(内、中、外)の総延長        11,500メートル
内曲輪の石の使用量            103,400トン  

▲戻る

  

 

 

氏 名 なまえ 城主になった年
赤松 貞範 さだのり 1346年 正平1年
小寺 頼季 よりすえ 1349年 〃 4年
小寺 景治 かげはる 1352年 〃 7年
小寺 景重 かげしげ 1357年 〃12年
小寺 職治 もとはる 1403年 応永10年
山名 持豊 もちとよ 1441年 嘉吉1年
赤松 政則 まさのり 1467年 応仁1年
小寺 豊職 とよもと 1469年 文明1年
小寺 政隆 まさたか 1491年 延徳3年
10 小寺 則職 のりもと 1519年 永正16年
11 小寺 道慶
(八代) 
みちよし 1531年 亨禄4年
12 黒田 重隆 しげたか 1545年 天文14年
13 黒田 職隆 もとたか 1564年 永禄7年
14 黒田 孝高 よしたか 1567年 〃10年
15 羽柴 秀吉 ひでよし 1580年 天正8年
16 羽柴 秀長 ひでなが 1583年 〃11年
17 木下 家定 いえさだ 1585年 〃13年
18 池田 輝政 てるまさ 1600年 慶長5年
19 池田 利隆 としたか 1613年 〃18年
20 池田 光政 みつまさ 1616年 元和2年
21 本多 忠政 ただまさ 1617年 〃3年
22 本多 政朝 まさとも 1631年 寛永8年
23 本多 政勝 まさかつ 1638年 〃 15年
24 松平 忠明
(奥平)  
ただあき 1639年 〃 16年
25 松平 忠弘 ただひろ 1644年 正保1年
26 松平 直基
(結城)  
なおもと 1648年 慶安1年
27 松平 直矩 なおのり 1648年 〃 1年
28 榊原 忠次 ただつぐ 1649年 〃 2年
29 榊原 政房 まさふさ 1665年 寛文5年
30 松平 直矩 なおのり 1667年 〃 7年
31 本多 忠国 ただくに 1682年 天和2年
32 本多 忠孝 ただたか 1704年 宝永1年
33 榊原 政邦 まさくに 1704年 〃 1年
34 榊原 政祐 まさすけ 1726年 享保11年
35 榊原 政岑 まさみね 1732年 〃 17年
36 榊原 政永 まさなが 1741年 寛保1年
37 松平 明矩
(結城)  
あきのり 1741年 〃 1年
38 松平 朝矩 とものり 1748年 寛延1年
39 酒井 忠恭 ただずみ 1749年 〃 2年
40 酒井 忠以 ただざね 1772年 安永1年
41 酒井 忠道 ただひろ 1790年 寛政2年
42 酒井 忠実 ただみつ 1814年 文化11年
43 酒井 忠学 ただのり 1835年 天保6年
44 酒井 忠宝 ただとみ 1844年 弘化1年
45 酒井 忠顕 ただてる 1853年 嘉永6年
46 酒井 忠績 ただしげ 1860年 万延1年
47 酒井 忠惇 ただとう 1867年 慶応3年
48 酒井 忠邦 ただくに 1868年 明治1年
 

▲戻る

  

 

  

国 宝・・・・・4
   (1) 松本城  (2) 犬山城  (3) 彦根城  (4) 姫路城

重要文化財・・・・・5 
   (1) 弘前城  (2) 丸岡城    (3) 備中松山城  (4) 松江城
   (5) 丸亀城  (6) 伊予松山城  (7) 宇和島城   (8) 高知城

復元天守閣(昔のまま)・・・・・15 
   (1) 松前城   (2) 会津若松城  (3) 小田原城  (4) 諏訪高島城  
   (5) 大垣城   (6) 岡崎城    (7) 名古屋城  (8) 福知山城
   (9) 和歌山城  (10) 岡山城    (11) 福山城   (12) 広島城
   (13) 島原城   (14) 熊本城    (15) 首里城

復興天守閣(昔と違う)・・・・・15 
   (1) 大多喜城  (2) 岐阜城    (3) 浜松城    (4) 掛川城
   (5) 清洲城   (6) 越前大野城  (7) 伊賀上野城  (8) 長浜城
   (9) 伏見城   (10) 大阪城    (11) 岸和田城   (12) 岩国城
   (13) 今治城   (14) 小倉城    (15) 平戸城 

模擬天守閣・・・・・19 
   (1) 秋田久保田城  (2) 横手城   (3) 上山城   (4) 久留里城
   (5) 千葉城     (6) 館山城   (7) 大峰城   (8) 富山城
   (9) 郡上八幡城   (10) 岩崎城   (11) 墨俣城   (12) 洲本城
   (13) 但馬村岡城   (14) 羽衣石城  (15) 川之江城  (16) 中村城
   (17) 中津城     (18) 唐津城   (19) 綾城