よくあるご質問

昔も今のようにおせちや雑煮を食べたのでしょうか?

昔は日没で日が変わるとされていました。ですから「大晦日」の夜は新しい年の始まりであり、お供えした料理を神様の前で、家族皆が揃って食べていました。お雑煮も年神様のエネルギーをいただいた神聖な食べ物としてありがたくいただきました。この年神様と一緒に食事をいただくことを「相嘗(あいなめ)」といいます。