よくあるご質問

いつから家庭で、鏡餅をお供えするようになったのですか?また、昔は鏡餅を砕いたものを「お年玉」として分け与えていたと聞きましたが、なぜ今は変わってしまったのでしょうか?

原型となるものは千数百年以上前から風習としてあったと思われますが、一般の家庭、と申しましても武家を中心に鏡餅が定着しましたのが床の間が普及した室町時代といわれています。よろい、かぶと等、大切な武具を床の間に飾り、それと一緒にお供えされたと思われます。また、女性の命のように大事にされました鏡台にも鏡餅が飾られたようです。江戸時代には、武家だけでなく、かなり一般的になったと思われます。
 さて、鏡開きは、神様にお供えしたお餅ですので、包丁などで「切る」ということは絶対にありません。失礼であり縁起が悪いからです。お餅にひびが入るのを待って、木槌で叩いて割るというのが本来の風習です。昔の武家には使用人などもいましたし、武道場では師範と弟子という関係でたくさん武士が集まっていましたから、11日に、お供えした鏡餅を皆で分けて食した所から、お餅をお年玉のように言うようになったのではないでしょうか。