よくあるご質問

よく、鏡餅で○○号などと表記されているモノがあると思うのですが、これらは下のお餅の直径○○寸、という事なのでしょうか?また、例えば5号、1升、2升の鏡餅、などと言う場合、何号に相当するモノなのでしょうか?

当社を含め、パックの鏡餅を作っているメーカーで、1号、2号などと商品の大きさによって呼びやすい記号をつけているだけで、その数字が中身のおもちやお米の量と比例しているわけではありません。各社バラバラに規格を名づけますと流通(問屋、スーパー)の方々やお客様も無用の混乱が起こるので、有名メーカーを中心に呼称だけは統一しているわけです。
 一方、お米屋さん、和菓子屋さんなどに頼んで作っていただく鏡餅の場合は、お米を洗って蒸す前に白米を木製の「升(ます)」に入れ量をはかります。その量の単位として一合(ごう)×10=一斗(と)というように「合」「升」「斗」を使用します。ちなみに「一号升(いちごうます)」で白米を入れますと約150gですが、これを水で洗い、蒸してお餅にしますと、約210gになります。ですから、「一升もち」というのは、約2kgのお餅(鏡餅も同様)ということになります。しかし最近では水の容積(重量)が一合=180cc=180gですから、一合=180g、一升=1.8kgといわれる事も増えているようです。一升の鏡餅ですと、当社の規格では60個入り(1980g)ということになります。なお、大きさだけで申し上げますと、一升の鏡餅なら当社の規格では30個入り(990g)になります。