商品案内道明寺

もち米を蒸して乾燥し、あらくひいた道明寺糒(ほしいい)を粉末にしたものです。ほとんどが桜もち・椿もちのなとでの菓子材料として用いられています。道明寺とは、大阪府藤井寺市にあるお寺の名前です。昔この寺で、天満宮に供えた饌飯の下がりを信者に与えたところ大変評判になったため、あらかじめ飯を乾燥貯蔵するようになったのが始まりとされています。

製品識別記号(賞味期限印字が無く、製造ロット識別記号のみ印字の製品の情報)について 餅まき用投げ餅「丸餅(まるもち)」のご提案 特別栽培米について もち米加工について